なつーん

クーラーの風が身体に当たるとだるくなり、
じゃあ身体に当たらないようにと風の向きを調整すると暑く、
風を身体に当てず、尚且つ暑くならないように、
クーラーの温度設定を下げ風量を最強にして部屋全体を冷やそう。
っていうのは経済的ではないので却下。
以上の事から、夏なのに部屋で長袖を着て、
ドライの微風を身体に当てながら、夏コミのお知らせです。

2019/08/12[月]に東京ビッグサイトで行われる、
「コミックマーケット96」にて、新作東方アレンジフルアルバム
「Juicehead joker」を出します。

今作もEru氏との作品です。
詳しくはこちらの特設サイトをご覧ください。

デモはこちら

頒布場所は
4日目(12日 月曜) 南4ホール「ニ」29a Aetherです。

私が担当した曲について、軽くお話をば。

「童祭」についてですが、アレンジ・曲の構成自体は
今年の5月の例大祭で出した「Forbidden accelerator」と同じ物なのですが、
あちらのVerよりかなりアップテンポな物になっています。
というより、元々は今作のテンポで作っていて、
「Forbidden accelerator」の制作終盤になってミドルテンポに変更しました。
どうせだったら元々のも入れようと、今作に収録することになりました。

毎度お馴染みの「幻視の夜」
一年に一回ぐらいのペースで新作アレンジを出していたのですが、
去年出した「Immortal Inferno」に収録されている物が個人的には大満足で、
「これでもう幻視の夜はやりつくしたかなー、次は年一で「素敵な墓場で暮しましょ」かな」
なんて思っていたのですが、
時間が経つとやっぱりまたアレンジしたくなるんですよねぇ幻視の夜。
とんでもねぇ曲だぜ・・・。
多分、今後もアレンジ思い付いたらやります。

「シンデレラケージ」は特にアレンジする際のテーマとかはなく、
本能の赴くままにアレンジしたら、Eruさんから「THE・埼玉って感じだね」みたいな事を言われました。
うん、本能の赴くままにアレンジしたからね。

「少女秘封倶楽部」
Eternal Eclipse」に収録されていたアレンジを、今の音でまた出したいなーと思っていたので、
今回、楽器・ミックスを組み立て直しての収録となりました。
細かい修正をしようと、6年振りぐらいに当時の譜面データを展開・編集したのですが、
「当時の俺、何回転調させてんだよ!!」ってなりましたとさ。

「遠野幻想物語」
2015年に出した「II-V-VII」に収録されていた物を今の楽器・ミックスで組み立て直したものです。
少女秘封倶楽部と同じく、気に入っているアレンジだったので、今回、新たに修正・調整しての収録です。

「神さびた古戦場」
全体的にかなりのお気に入りで、特にイントロは会心の出来だと思っています。
こういう、上でシンセが鳴っていて、ギターがズズジャズズジャとリフを刻む程良いアップテンポなの大好物。
神さびた古戦場は以前にとらのあな様の「東方詞華集 参」でもアレンジさせてもらったのですが、
今作のは特にそのアレンジを下地にしたとかではなく、完全に新規で作りました。
というか当時の制作データ、どこに保存したのか度忘れして見付からなかった・・・。

こんな所でしょうか。

前回の「Forbidden accelerator」のお知らせの所に
「今まで作ってきたドラムサウンドの中で一番気に入っている音」なんて書いていましたが、
Eru氏のドラムサウンド聴くと、やっぱり新しいドラム音源ほ、欲しい・・・。
ともなりますね。
勿論、今作の音(Forbidden acceleratorの音の微修正版)も気に入っています。
もうちょっと今の環境で更に良い音が出せないか煮詰めてみよう。

サイトのリニューアルの方ですが、鈍足ですが進めていますので、もう少々お待ちください。

ひっさびさに長文書いた気がする・・・。