東方新作アレンジ、当方の新作オリジナル。

このホームページはいつまで仮稼働中なんでしょうか、謎ですね。
それはさておき、直前になってしまいましたが冬のお知らせ。

告知第一弾。
コミックマーケット93にて、
新作東方アレンジアルバム「Grand Grimoire」を頒布いたします。
今回もAetherのEru氏との制作です。
詳しくはこちらの特設サイトへどうぞ。

-頒布場所-
コミックマーケット93
2017/12/29 東京ビッグサイト 東ホール 金曜(1日目)
「“お”18a Aether」
即売会頒布可価格:1000JPY
メディア:4Pフルカラーブックレット プレスCD

私が担当した曲、速い曲ばっかりでテンション高めです。
あ、いつもそんな感じでした。よろしくお願いいたします。

 

告知第二弾。
同じく、コミックマーケット93にて、
新作オリジナル・フルアルバム「This And That」を、
Aether、Eru氏のブースに委託させてもらう事になりました。

-曲目-

01-Smog And Searchlight
02-Last Resort ’94
03-Speedster
04-Washing
05-Take It Easy
06-Highball
07-Bullseye
08-Chasing
09-Hazy Moon
10-3×4
11-Rainy Afternoon
12-Last Resort ’17

-頒布場所-
コミックマーケット93
2017/12/29 東京ビッグサイト 東ホール 金曜(1日目)
「“お”18a Aether」
価格:1000JPY
メディア:手焼きCD

となっております、よろしくお願い致します。

会場での取り扱い以外にも、Eru氏が行っている個人通販にも委託予定です。
iTunes StoreやAmazonでのDL販売も予定しています。

前作の「N.A.V.E.」が、今まであまりやってこなかった歌物がアルバムの中心でしたので、
今作は普段あまりやらないタイプのインスト曲の割合が多いアルバムで行こうってな感じです。
今までと比べると、少し落ち着いているかな?と思い、このジャケットにしたのですが、
出来上がってみたら、あんまり落ち着いてはいないな、このアルバム。
個人作なのに、コンピレーション・アルバムかよってぐらいに各曲の音の質感が違ってます。
各曲の解説などは下に書いてます。

 

01-Smog And Searchlight

一曲目。いきなり不穏過ぎる雰囲気。
そういえば前作の一曲目も不気味でした。

02-Last Resort ’94


既にSoundCloudでフル尺公開している「Last Resort」と同じです。
FM音源とPCM音源を同時に使用していた頃の、
アーケードのシューティングゲームのBGMってのを想定していますが、
特にきっちりとした縛りはしていません、なんとなくって程度です。
’94もなんとなくそんぐらいの年代かなーと思い、付けた感じです。

03-Speedster


やっとこさギャンギャンなギターの登場です。
頭空っぽにして曲作ったらこうなりました、第一弾。
手癖(打ち込み癖)全開。アクセルも全開。

04-Washing


ギター弾き倒しファンキー編。
ワウは良いものですね。扱い難しいけど…。

05-Take It Easy


今アルバムで一番の異色作。爽やか~。なんとなく冬の街ってイメージです。
「典型的なBGM」みたいな物が作りたくなったので、やってみました。
兎に角、派手にしない事を意識して作りました。
派手にしないって難しい…。ソロを16分音符で埋め尽くさないなんて・・・。

06-Highball


いや、こっちが一番変わっているかな?
イメージは昭和。途中までタイトル候補が「Show-Wa」でした。
なんとなく昭和の飲み屋街をイメージしていたので(昭和の飲み屋街、行ったことありませんけど)
ハイボールという名前です。私がハイボール好きなだけです。

07-Bullseye


頭空っぽにして曲作ったらこうなりました、第ニ弾。
私が頭空っぽにして曲を作ると、だいたいシューティングゲームのBGMっぽくなる模様。

08-Chasing


デモでは聴けませんが、曲の出だしのひび割れた木琴の様な音が好きで、
それでフレーズを作って広げていった曲です。
デモ中、ずっと左右に音を振りながらアルペジオしている音です。
タイトル決めるのに非常に苦労しました。

09-Hazy Moon


ギター弾き倒し、若干泣きのギターもどき編。
リードギターの音をもっと枯れた音にしたかったのですが、そっち方向に音を持っていくと、
急激にギターが「THE・打ち込み」って音になっちゃったので断念。

10-3×4


ギター弾き倒し、シャッフル編。
高速シャッフル好きなので、そういう曲も一曲入れようってな事で作りました。
同じくリズムがシャッフルな「Highball」にギターソロを入れない代わりにこっちで弾き倒しました。
これまた手癖(打ち込み癖)全開。
今までで一番、ネオクラシカルメタル色が強いギターの打ち込みと音作りが上手く出来たかなーと思っています。

11-Rainy Afternoon


次の曲はボーナストラックの様なつもりなので、この曲がアルバムの締めって感じです。
最初は自分でギターを打ち込んでいたのですが、全く納得の出来る物にならなかったので、
生演奏の素材を切り刻んでフレーズを作っています。
自分で打ち込まない変わりに、今アルバムで一番、ギターの音作りに気を使いました。
こういうしっとりしたギターを打ち込みで出せるようになるのが次の目標。

12-Last Resort ’17


「Last Resort ’94」を、最近メインで使っている音源で鳴らしてみようってのがコンセプトです。
オマケ程度に考えていたのですが、物凄く時間かかりました・・・。

さて、CD焼きまくるかー。